劇場版AIRに大切なこと

ゲーム版は7/24正午まで.
劇場版は2/12夜に見る予定なので,ひとまずどうなるだろうと期待している点を挙げておきたい.

  • 距離

DREAM編は僕らと十分な距離をとって始まる.”さて,今週は国崎家特製の法術焼きそばのレシピだ.奥様,メモのご用意を.”23日まで続くこの種の笑いには距離がある.演者が距離をとっているからこそ,笑いは笑えるものとなる.僕らが往人にステゴザウルスのシャツを着せたりなど変な行動をさせたくなるのも他人事の距離で,それはコメディアンと観客との間に築かれる幸福な距離である.

あの屈辱的ななくしかたを説明しろと言うのだろうか.

(選択肢)
【話してみる】
【黙っておく】

【話してみる】を選択すると”マジでか…?”という往人の反応がプレイヤーへ返ってくる.そんな風に返す余裕がある,と言ってもいい.これが最後まで貫かれれば蛭田昌人の男の子になるが,ふとわれに返って距離を見失うのが彼らである.

彼らのわれが語る空の物語は佳乃によって「奇怪なウワゴト」と評されるが,そんな話でも素朴に聞こうという気になるのは,はじめに対話の距離が確保されているからである.

幸福な距離,とは言うがこの幸福という言葉は迷いやすい.いつも僕が「大阪物語」を採り上げるのはなにもちーちゃんが好きだからだけでなくそうした事情のためで,例えば,僕らは彼らの芸に対して笑ったり泣いたりしてやる義理はない,という言い方はいかにも冷たい.確かに義理まではないが,AIRという話は僕らが彼らの芸に対して泣いたり笑ったりするときそれは迷いやすい互いの距離の絶妙の一点に立っているということが,強く感じられる話である.

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す