アルトネリコ

シュレリア様はよく泣く生き物だが((c)とらドラ),泣いてる立ち絵の多さったらないです.それは千年分の涙ですか.

彌紗ルートでコスモスフィアもLvEまで見ているけど,ごめん彌紗.シュレリア様のところに残ります.

コスモスフィアでは女の子の心の世界が何層もの絵地図になっている.その地図の上を旅して,こだわりを一つ取り除くごとに新しいあるいは古い自分がさらけだされてゆく.古い自分は思い出で,新たな自分は恋心.心の地図だなんて言葉にするとどうもデリカシーに欠ける仕組みであるのを,toi8の繊細な筆致が絵に収めてる.繰り返すけど,toi8の手がけた女の子の心の絵地図がたくさん(21枚)というだけで全国の少年少女が失神しそうです.うさぎが! そこ,うさぎが地図に! どうやって保存しようか悩んだけど,クリアすればExtraから地図も見られたので良かった.

女の子のほうはコスモスフィアでの出来事を明示的に認知できないという点も繊細さの一つ.あと夢らしい文脈の混乱を書くのが上手い.

絵のせいもあるけど,夢もしくはロールプレイにおける切実さは嘘妹みたいよね.あと「どんすけ」はまんま「くますけ」を思い出す.

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す