暁斎

京都国立博物館へ.若冲,北斎,鏑木清方と素敵イベント満載の京都だったのだけど,こちらも万難を排してゆくべきよ.

最初興味なかったのだけど,Webで「地獄極楽めぐり図」の解説と絵を見た瞬間,すっ飛んで行ったわたし.
http://www.kyohaku.go.jp/jp/tokubetsu/080408/shoukai/02_index.htm

死の床から極楽浄土までの切なくも美しい旅の絵巻.親御さんの視点でね,難渋きわまる冥土の様子をよそに,我が子である少女,田鶴さんだけは阿弥陀さんが直々にお迎えにきて,金の御輿で苦しむことなく浄土へ向かうのよ.すごいわほんと.

これ展示入れ替えなので,後半20図は5月にならないと見られなくて残念.

混んでたというのもあるけど,ひと回りするのに3時間かかってもう閉館の放送でした.

蟹ギターとかもパンクで良かったよ.
http://www.kyohaku.go.jp/jp/tokubetsu/080408/shoukai/03_index_02.htm

この手のファンタスティックな絵を見て回るときの自分の豆知識っぷりに自分で辟易した.いまさらだが.
いいから黙って見て回れ.駄目だわ.

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す