代替現実ゲーム

http://wiredvision.jp/archives/200507/2005071506.html

はじめて見たネットゲーム88の広告(Tactics誌上)は,そういうことを予感させるものだった記憶がある.一見関係なさそうな誌上広告がじつはゲームの手がかりになってる,みたいな.中学生だった僕が手を出すのは難しくて,実際どうだったかは知らない.

さらに古典であるが「幻のユニコーンクエスト」は,僕が知ったときには既に過去のものとしてあった.スティーブ・ジャクソン御大の仕事である.邦訳版はこれまた1988年.僕は当時,ウォーロック誌での紹介を読んだというだけだった.

http://en.wikipedia.org/wiki/The_Fantasy_Trip

シリーズ中,ゲームブック展開されたうちの一つ,Treasure of the Silver Dragon ではゲームブック中に実世界のどこかに隠された銀のドラゴン像のヒントがあって,発見者は1万ドルを獲得した.続編の Treasure of Unicorn Gold ではユニコーン像がどこかに隠されたが,版元の倒産のためユニコーン像発見の有無,その後の行方などは不明と言われている.

実際に行われたことは今のものと比べると素朴だっただろうが,当時の僕の中学生の目には相当魅力的なものに映っていた.

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す